2008年07月18日

シミの原因

シミの原因
紫外線をいかにして防ぐかということが、シミの予防や対策につながると言われているほど、シミの主な原因は紫外線によるものです。

人間の皮膚は一定周期でターンオーバーというものを繰り返します。そして肌の新陳代謝をしてくれるのです。

日焼けや紫外線を浴びることによって、このターンオーバーの周期が乱れてしまいます。

そして皮膚にメラニン色素がたまってしまってもそれを除去することができません。その結果メラニン色素が沈着してしまうのです。

本来メラニン色素というものは紫外線からお肌を守るために働いてくれるものです。

加齢などが原因になって新陳代謝の働きが弱まり、シミの原因となります。

また紫外線や日焼けだけではなく、普段の生活習慣が原因をなっていることもあります。

肌のターンオーバーの乱れの原因としては、食生活の乱れや睡眠不足、喫煙や飲酒、過度のストレスなどがあげられます。

シミはこれらのことが原因でできてしまうことが多いようです。さらにターンオーバーが乱れるとホルモンバランスが崩れてしまいます。

これはにきびや肌荒れ、しわなどの肌のトラブルの原因になり得るのです。

日々の生活習慣の乱れている人は注意が必要です。常に肌荒れやシミのリスクを背負っていることになるからです。

規則正しい生活習慣を心がけ、食生活を見直してみることで、シミのないきれいな肌をめざしましょう。
posted by zacco2008 at 22:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月16日

美肌になる方法

1.美肌になる方法
世間でしきりに言われている美肌という言葉、これについてきちんと理解するようにしましょう。

美肌と呼べる肌は、潤い、滑らかさ、ハリ、弾力、血色、ツヤ、この6つの条件が備わった肌なのです。

まず潤いとは、肌が充分に水分を保持した状態をいい、滑らかさとは、さわってみて感じるすべすべ感です。

「ハリ」とは、肌がピンと張っていてたるんでいない状態をいい、「弾力」とは、肌が押されたときの肌が戻る状態が早いことです。

肌の血色とはうっすらと赤みを帯びた状態をいい、つやのある肌とは、剥きたてのゆで卵のような、つるつるした肌をいいます。

内側から出来上がる肌を守るには、サプリメントを服用することなども効果がありますが、もっと身近なこと、入浴タイムのケアで肌を改善することも充分可能です。

スキンケアをしているつもりでも、一向に肌がきれいにならない場合は、もしかしたらその方法が間違っていたり過剰になっている場合があるので、見直してみることも大切です。

そういう過剰なスキンケアなどは、お肌の大敵であるしわやしみを作る元にもなりがちなので、美肌を作るための正しいスキンケアは本当に大切なのです。

まず、美肌に重要な「水分」これは忘れてはいけない第一条件で、水分は、酸素や栄養を細胞に届ける働きがあります。

このように充分な水分を肌に与えることにより、細胞の働きが活性化され、皮膚が新しくなるサイクルも整えられるのです。

皮膚は28 日で生まれ変わるのを繰り返すといわれていますが、新陳代謝が悪いとこの時間ももっとかかってしまいます。

そうやって内側からキレイを目指してこそ美肌は生まれるのです。
posted by zacco2008 at 22:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。